会社に許可を得て、 1ヵ月DIYばかりやっていた話。その2

いや、3.6メートルの木材、 車に入んないや。

みなさまこんにちは。北日本広告社のアートディレクター、田村です。
前回の記事はコチラ
会社に許可を得て、さっそく本棚づくりに取りかかりました。

できるだけ安く上げて、会社に貢献したかった私は、迷わず建材屋さんに電話。
ー持ってくならいいよ。でもトラック持ってる?3.6mあんぞ。

ウェイ!?

 

 

 

ミライの友との出会い。

普段からDIYで、ホームセンターよりも建材屋さんの方が安い事を知っていた私は、
建材屋さんで購入しようとしたのですが、盲点でした。

3.6mの木材を乗せる車はウチにはありません。


うわ〜〜〜!!!! どうしよう。

レンタカー借りたら高くなるし。
ここまで完璧な収支計算をしていたのに!
手のこを持って建材屋さんに行こうか…

いやいや時間がかかる。思い直し、
必死になって新たな建材屋さんを探しました。
電話かけるの怖いですよ?素人ですから。
でも予想に反して、たいてい優しく対応していただけました。

いくつか当たってみると、地元江別の自宅まで運んでいただける
やさしい建材屋さんを発見したのです!


…いや〜うれしい。今後もここで買えるやん。
 趣味と実益かねとるやん!

私)あの〜今後も購入したいんですけど。
  でもある程度まとまった金額がひつようですよね?

※イメージ

おじさん)おう、近所だからよ、配達ついでに落としてやっからよ、
1本からでも売ってやっからよぅ。……

新たなDIYパートナーと巡り会った私は、
この時点でもう目的の95%を達成した気持ちになりました。

まだなにも作っていませんが。

 

 

 

ムダにライティング。このカウンターは一度入ると出られない。

 

ついでに、コーヒーカウンターを。
カフェエプロンと植物も必要か。

5月の暖かい日差しの中、
朝のみじかい時間を、自宅の庭にて本棚制作にあてる。

平日は、車通りも少なく、静かだ。チュンチュン…チチチ…

これほどの充実したすごし方が、いままであっただろうか。
ーいや、ない。

会社をサボってるのか?
ーいや、むしろ双方にとって利益しかない。 チュンチュン…

チュンチュン…
チュンチュン… ヂヂヂイ

いや、意外とスズメうるさいな。…

夢のような1カ月を経て、本棚は完成に近づきました。
様々なオプションを付けて。

組み立て、そして伝説へ…。

組立は、会社の同僚たちと、ピッツァを食べながら行いました。
たまたま日直で来ていた山さん、かり出された龍ちゃん、しょーごくん。
全員インパクトドライバを持つのも初めてで、悪戦苦闘。

私)ねじ頭なめるから、両手で垂直に保持するんだよ!
龍)あれっ!あれっ! ガリガリガリ!!!
私)あ〜なめてるなめてる
龍)うわ〜〜〜!
山)あはは!マジすか〜〜!
しょーご)チュンチュン…


数時間の格闘を経て、
カクカクジカジカで無事に完成しました!

はじめはお金を浮かせるところからスタートしたDIYですが、
はじめてみると多くの学び、メリットがありました。
オフィスワーカーのみなさんも真似してみてくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①働きやすい環境は、「パーソナルスペース」が重要。
これはひとによって違います。一般的に女性の方が狭いと言われています。男性が女性と話す時、「この子すごく近づいて来てくれるな。自分のことすきなんじゃ…」と勘違いするあれです。今回1人1人と話をして、個人個人のパーソナルスペースを考慮しながら座席を作った所、とても好評でした。前よりも働きやすくなったとの声が多くありました。

②会社への稟議は、会社にとって利益があることであれば、通りやすい。
会社は利益を出さなければなりません。会社の風土もあると思いますが、
あきらかに会社に利益がある場合、その稟議が通らない事は、少ないと思います。今回のDIYは通常業務に穴をあける事が無いように、1カ月という期間を設け、総作業時間を計算したので、それが可能になりました。

③仕事を通じての出会いは、人生の出会い。
当然と言えば当然ですが、仕事をしている時間は、家族と過ごす時間よりも長いことが多いです。仕事=人生であって、そこで出会う方達は、自分にとってかけがえのない出会いだと知りました。私は今回やさしい建材屋さんに出会ってあらためて気づきました。

パーテーション。一部、本棚や帽子置き場を設けた。ポスターをぐさぐさ刺せる仕様。

コーヒーカウンター。本棚とは何の関係もない。

本棚全体。なぜかハンモックも設置した。

 

余った材にてつくったイス。気に入ったのでまだ自宅にある。
溶接の機械を手に入れたので鉄筋で足をつくった。
長くなるのでそれはまた別の機会で。

 

 

SHARE

Twitter

Facebook

LINE